ゴヤール、ビアリッツの地へ

ゴヤール、ビアリッツの地へ

05-23-2016

私たちの歴史的過去への回帰

19世紀末、メゾン・ゴヤールは、パリ店の支店をビアリッツにオープンさせました。

「ビーチの女王、王族のビーチ」と呼ばれ、当時のヨーロッパ貴族のお気に入り避暑地であったビアリッツを、エドモン・ゴヤールは重要な拠点としており、ゴヤールのトランクとともに旅をしたり、バスク地方の海岸避暑地に滞在したりする外国の顧客に対して、サービスの継続的な提供を保証していました。

当初、このブティックはグランオテル(グランドホテル)内にオープンしましたが、この高級ホテルが第一次世界大戦で徴用されたため、エドゥアール7世通りに移りました。さらに、有名デパートである「オールドイングランド」にも広いエリアを獲得しました。 

第二次世界大戦前夜の金融危機とその影響ゆえに、当ブティックは1930年代に閉店を余儀なくされました。しかしゴヤールは、ゴヤールトランクのプレートに刻まれたその名のように、このブティックを忘れず、記憶にとどめ続けました。

そのような歴史から、メゾン・ゴヤールは本日、新しいブティックをオテル・デュ・パレとエドゥアール7世通りをはさんだランペラトリス通り4番地にオープンすることをお知らせすることができ、大変光栄に思っております。その住所はこの町の深い歴史のまさに十字路に位置しており、非常に意義深いものです。ゴヤールはビアリッツの発展の一助となるべく、過去と同様、未来においても積極的に関わっていく所存です。

Iビアリッツのオープンを記念し、特別に「Biarritz」のマーキングを施した Belharraバッグ限定版を販売する予定です。 

Maison Goyard
4, Avenue de l’Impératrice
64200 Biarritz
+ 33 5 59 26 27 96
biarritz@goyard.com

05-23-2016