跡を残して

10-16-2014

1853 年、François Goyard による創始以来、Maison Goyard はトランクおよびバッグをカスタマイズさせるコツを永続させています。

紋章に由来するこの経験は、1853年 以前にまでさかのぼる、Goyard 家の伝統として定着しています。

「compagnons de rivière(Morvan の森林からパリへ薪を運ぶ丸太職人)の家に生まれた François Goyard は、丸太にマーキングを行う代々の伝統に精通していました。

離れていても簡単に認識できるように、丸太にはそれぞれその正当な所有者のスタンプがあり、そのほとんどが複雑な家紋を持つ貴族でした。 審美的な要件が必要なことに加え、丸太へのスタンプもまたタフな輸送条件に耐えられるだけ、非常に丈夫なものでなくてはなりませんでした。

したがって、François Goyard が長年発展してきたカスタマイズのノウハウを持つ丸太職人を、トランクおよびバッグ製作の世界へ導入したのは本当に自然なことでした。

イニシャル、ストライプまたはクラウン:Goyard の絵画職人はこの遺産を利用し、綿密な技量と芸術的な優越性を組み合わせた、自身のユニークな技術を磨きました。

までに 19 世紀のように、天然色素で手描きされ、完成したアイテムにのみ付属されることで、Goyard によるカスタマイズは今日、既存の最高標準と完全に従っています。

2014 年 10 月 3 日~ 5 日、Maison Goyard では、パリの rue Saint-Honoré 233 にある歴史ある旗艦店でスペシャル・カスタマイズワークショップを設けます。

この 3 日間、南フランスにある Goyard ワークショップから 2 人の経験豊かな絵画職人を特別に招き、Goyard によるカスタマイズ・アートを披露し、メディア関係者、顧客および友人たちと非凡な技量への情熱を共有するものです。

10-16-2014
 

起源へ

11-25-2016

風の街

05-29-2015

FRENCH RIVIERA

04-30-2015

旅の時間

12-14-2014

宝庫

11-30-2014

紳士限定

01-31-2014

夢を追う

12-30-2013

二都物語

09-18-2013

朝の静寂

08-13-2013