草原の輝き

02-26-2014

ウェルギリウスの「牧歌」にそのテーマに関する数多くの詩があるように、古代ローマ時代の初期、ピクニックはすでにとても人気がありました。

この言葉は、フランス 語の « pique-nique » より派生し、13 世紀に造語されたもので「To nibble = (食物を〉少しずつかじる」という意味です。 もともとは旅行、または探検の際フランス貴族が好んだ質素なものだったため、ピクニックは 17 世紀になってようやく流行するようになりました。 チェスターフィールド卿はこの牧歌的な行為をイングランドに紹介したと言われており、ルイ 15 世の宮廷におけるピクニックを、ぜいたくで豪華な素晴らしい食事とお金のかからない会話として描写してます。

ゴヤールでは、1853 年にそれが創造されて以来、フランスの生活技術にとって不可欠なこの部分を熱烈に支持しています。 19 世紀を通じ、フランソワ・ゴヤールおよびエドモンド・ゴヤールによる継続的な指導のもと、私たちのワークショップは戸外での食事「Alfresco」を食する喜びに捧げる、革新的かつ洗練されたアイテムを広範囲にわたって開発しました。 20 世紀前半の自動車ブームは、この最愛の伝統をより確固たるものにしただけだったため、当時最も著名な自動車製造業者たちは、ロバート・ゴヤールの専門知識に各乗り物の技術的かつ審美的な要求を満たす、人間工学トランクおよびケースの設計と製作を求めました。

ゴヤールはその最愛の伝統をまさに生かし、ピクニック用バスケット、茶器ケース、銀食器、瀬戸物やガラス製ボックスなど、最も厳格な標準に従いすべて完全なハンドメイドで、ピクニックに新しくかつ素晴らしい創造物を不断に考え出しました。

持ち運びとスタイルのコンビネーションに対するその職人技と、時代を越えた洗練技術へ捧げるため、メゾン・ゴヤールでは過ぎし日のエレガンス・コンテストの復活を目的に、「Concours Chantilly Art & Elegance(シャンティリー芸術&エレガンス・コンテスト)」へ参加することになりました。 世界で最も美しく、珍しい自動車を何台も披露する、シャンティリー城で開催されるこのイベントにおいて、メゾン・ゴヤールは最も魅惑的なピクニックに特別賞を与えるものです。

02-26-2014
 

起源へ

11-25-2016

風の街

05-29-2015

FRENCH RIVIERA

04-30-2015

旅の時間

12-14-2014

宝庫

11-30-2014

紳士限定

01-31-2014

夢を追う

12-30-2013

二都物語

09-18-2013

朝の静寂

08-13-2013