内側の美しさ

01-28-2013

サンルイについてはよく知ってると思っている方は多いと思います。昔から使われているトートバッグを現代的にアレンジした大胆なデザイン、洗練されていながらもカジュアルであらゆる場面に対応、ゴヤールを象徴するゴヤールディン…。サンルイは世界中の女性に大人気のゴヤールならではの個性的なバッグです。

今では誰もがよく知っていると信じているクラシックなバッグとなりました。でも、クラシックな製品だからこそ毎日新しい発見があるのではないでしょうか。

ゲーテの小説«ファウスト»でもよく知られているように、大切なのはディテールです。サンルイの美しさと機能性はディテイールを積み重ねた成果であり、その基盤と同じほど重要です。サンルイはシンプルに見えながらも基本と数々のディテールが一体となってできあがる、実は大変なノウハウを必要とするバッグです。その秘密を全て打ち明けることはできませんが、サンルイにさりげなく活かされているゴヤールならではの洗練された技術を少しご紹介しましょう。 

まず最初に驚かされるサンルイのディテールはバッグの表地の両側の模様が完璧にシンメトリーで、トワルのつなぎ部分も模様がきちんとつながってずれていないこと。このディテールはバッグの製法では初めて用いられた«オジーヴ・システム»のおかげで実現したもので、軽くて薄い素材なのに耐久性は抜群というゴヤールのサンルイならではの特徴もこの技術によるものです。

もう一つの重要なディテールは取っ手の質。サンルイの取っ手は革を何層も重ねる技を用いる専門の職人が造っています。この技のおかげで取っ手のそれぞれの部分に最適な耐久性を与えるよう革の厚みを細かく調節し、外から見てもデザイン的に全体のバランスのとれた取っ手に仕上がります。縫い目は外からは見えないように革製のバイアステープで覆われ、コットンと麻でできた裏地のシンプルな風合いがそのまま活かされます。この生地は南フランスにあるゴヤールのアトリエで織られ、剪毛、毛焼きまで一環して行われます。表地のゴヤルディン同様に、裏地も使うごとにその感触と風合いに独特の味わいがかもしだされ、どんな場面や機会にも使いやすいシンプルでエレガントなバッグとなります。 

つまり、サンルイは表側だけではなく内側の品質も優れており、内側の美しさと機能性にも表丁寧に贅を尽くした高技術が表側と同じようにいかされているのです。

さて、最後にサンルイのちょっと驚くようなディテールについてお話ししましょう。サンルイはなんと、リバーシブルで使うことができます。サンルイを裏返し、軽くて丈夫な表地のゴヤルディンを裏地にすると例えば、ぬれた水着も平気で入れて運ぶことができます。

ギュスターブ フロベールの«紋切り型辞典»で”クラシック”という言葉の意味を探すと”知られているはずだと思われていること”と書かれています。サンルイをリバーシブルで使ってみてください。クラシックなバッグとしてよく知られているはずのサンルイにあなたはきっと驚くことでしょう。

01-28-2013
 

起源へ

11-25-2016

風の街

05-29-2015

FRENCH RIVIERA

04-30-2015

旅の時間

12-14-2014

宝庫

11-30-2014

紳士限定

01-31-2014

夢を追う

12-30-2013

二都物語

09-18-2013

朝の静寂

08-13-2013