二都物語

09-18-2013

パリと北京は大雑把に見ると、一見ほとんど共通点がないように思われます。 しかし、じっくり見てみるとこの「光の都」と「天上の都」は、実は不思議なほどよく似ているのです。

これほど長い間、自国の心と魂を包容する力を備えた首都は他ではほとんど見られません。過去1000年もの間、紛れもない政治・文化の要となったパリと北京、その類似点を数え出したら枚挙に暇がないでしょう。 さしずめフランスのルーブル美術館は紫禁城、中国の頤和園(イホウイワン)はヴェルサイユといったところでしょうか? そして、どちらの都市にも絶対君主制が生まれ、歴史や地上の流れを変えた革命が起こったではありませんか? 貴族と庶民、冷静と熱狂、ゆるぎない現代としっかり根付いた伝統が同時に存在するパリと北京は、単なる都市景観をはるかに超えた、まさにフランスと中国そのものなのです。 しかも、急速に変化する世界で確固とした優勢な立場に居続ける両都市は、21世紀になった今日でも時代精神を捉えるその才覚が弱まることはありません。

以上のような理由から、メゾン・ゴヤールは北京のブティックオープンに対し、ことのほか誇りと喜びを感じています。 過去と現在が流れるように絡み合い、時代を超えた真のセンスが感じられる宝庫、そんなとびっきりの場にふさわしいとびっきりの街。 北京の中心業務地区、洗練された活気溢れるGuamao(国貿)の中心にあるゴヤール ブティックは、「中国が世界と出会う場所」として名高い、都市最大の建築物群であり主要な小売施設でもある中国国際貿易センター内に設置されています。 今後ここは、またゴヤールが中国と出会う場所になることでしょう。 店内には、ゴヤールならではの「Comptoir de vente(販売カウンター)」コンセプトにふさわしい内装が施されています。つまり、世界のゴヤール全店では、サントノレ通り233番地にある当社パリ本店の親近感溢れる雰囲気が再現されるよう設計されており、本店同様の他にはないショッピング体験をお客様に提供することを目指しております。 さらに、ゴヤールの北京店では、居心地の良い私室のようなエリアをはじめ、20世紀初頭から揃えた希少価値の高いゴヤール・ヘリテージ・コレクションのショーケース、ゴヤールの実績に基づくオリジナルデザインから着想を得た、ファサードに沿って伸びる最先端の艶やかな真鍮・銅製フリーズなど、同店限定の特色を打ち出しています。

ゴヤール ブティックではオープンを記念して、北京でしか手に入らない限定品セレクションも提供いたします。サントルーシー、マルキーズ、233等のステープルバッグは、最高級のトリヨン ガーネット レザー(中国文化では富と幸運を象徴する赤色の重要性に賛同)でご用意、さらにアイコン的なサイゴンバッグは、中国人が古代からヒスイに傾けた情熱への賛辞として、また完璧、美、長寿を約束するものとして、グリーンのポゾラス クロコダイル ハイブ(世界で最も貴重な革)のドレスで装飾された、これまでにない壮麗な姿をお披露目します。

ゴヤール北京支店

L121-123, Phase 1, China World Mall, No. 1 Jian Guo Men Wai Avenue, Beijing 100004(北京市建国門外大街1号チャイナワールドモール、フェーズ 1、L121-123)/ chinaworld@goyard.com / +8610 6505 1853 

09-18-2013
 

起源へ

11-25-2016

風の街

05-29-2015

FRENCH RIVIERA

04-30-2015

旅の時間

12-14-2014

宝庫

11-30-2014

紳士限定

01-31-2014

夢を追う

12-30-2013

二都物語

09-18-2013

朝の静寂

08-13-2013