ゴヤールによる “折り畳み”のアート
パート 1:Caravelleスーツケース

04-14-2014

メゾンゴヤールはその歴史を通じて、お客様へのサービスのあり方に強い関心を持ち続け、お客様のご要望やニーズに合わせたユニークな特注品を一貫して手作業でお作りしています。

抑制された表現であろうと奇抜なファッションであろうと、気取らない素朴なスタイルであろうと豪華絢爛な装飾であろうと、ゴヤールの特注品は、たったお一人の方のご要望に合わせて制作されたものであり、けっして複製されることのない、世界で唯一つの品です。 それでもなお、そうした特注品のなかには、ゴヤールの傑作として長年定番となっている製品にインスピレーションを与えたものもあります。

Caravelle (カラベル) のスーツケースがその良い例です。 この類稀なスーツケースの誕生は、1930年代にまで遡ります。 そのころ、都会的なセンスに溢れる一人のブラジル人女性が、オートクチュール・コレクションに出席するために年に二回、大西洋を横断してパリを訪れていました。毎回の滞在期間は数週間に及び、彼女はパリへ来るたびにたっぷり時間をかけてたくさんの衣服を選び、仕立てていました。 ところが、パリの粋なファッションをあまりにも愛し過ぎたがゆえに、彼女は深刻な「輸送問題」に直面することになりました。毎回たくさんのトランクを持ってきていたにもかかわらず、大量に購入した衣服をすべて詰め込むには永遠に足りないように思われたのです。 そのため彼女は、中に何も入っていないときはスペースをほとんどとらず、ものを入れるときには充分な収納能力を発揮するような手軽な旅行かばんを作るよう、ゴヤールに依頼しました。 メゾンゴヤールの作業場はこの技術的難問に取り組み、独創性に富んだ折り畳み式スーツケースを完成させました。実用的でありながら洗練された、正真正銘のゴヤールディンの「折り紙」風スーツケースです。

このブラジルのお客様は、1950年代後半にエールフランスが非常によく似たアイテムを注文するまで、20年以上にわたってこの革新的な製品を使用する「特権」を有している世界で唯一の人でした。 折り畳み式のスーツケースという同じテーマによる特注でさらにバリエーションを増やし、また空の旅のニーズに合わせて正式に誕生した製品は、このフランスの航空会社を象徴する航空機に敬意を表して「Caravelle」と名づけられました。 それ以来、ゴヤールで人気定番商品の一つとなっています。

次回予告:ゴヤールによる “折り畳み”のアート・パート2、Sainte Lucieバッグ。

04-14-2014
 

起源へ

11-25-2016

風の街

05-29-2015

FRENCH RIVIERA

04-30-2015

旅の時間

12-14-2014

宝庫

11-30-2014

紳士限定

01-31-2014

夢を追う

12-30-2013

二都物語

09-18-2013

朝の静寂

08-13-2013